HOME > 塗装にお悩みの方

塗装にお悩みの方

外壁にヒビが入っている・・・
雨漏れやシミが気になる・・・
色褪せが気になる・・・

ご自宅の状況に対してお悩みを持っている皆様へ。
代表的なポイントをまとめましたのでご参考にしてください。
塗装工事は外観を美しくし、建物を年中無休で守るという役割を担っています。
外壁や屋根は建物を休まず守っていますので徐々に塗装の塗膜が剥がれており劣化が進行しています。
定期的にメンテナンスしなければ外壁に不具合が生じ初め建物自体まで悪影響を及ぼします。
そのように建物までにも劣化が進行すると塗装だけのメンテナンスだけで解決する事が出来なくなり、
コストが非常に嵩みます。
建物のメンテナンスは「早めの対応が大切」なので、外壁や屋根の塗替えが10年周期と良く言われている理由です。

ヒビ割れ(外壁等)
欠損・爆裂(外壁やコンクリートなど)
チョーク現象・色褪せ(外壁や屋根など)
シーリング劣化(外壁や目地など)
壁の膨らみ・剥がれ
屋根劣化について
防水塗膜の剥がれ・モルタルのひび割れ(屋上やベランダ
鉄部の腐食

ヒビ割れ(外壁等)

外壁のヒビ割れは塗装工事の際にもっとも多く見られます。
ひび割れの主な発生原因として

モルタル外壁の場合
・乾燥収縮によるひび割れ(材料の特性により避けられないものです)
・建物の歪みや不同沈下に伴い生じるひび割れ
・モルタルの品質や施工不良による生じるひび割れ

サイディングの場合
・下地の木材の伸縮や捻じれよるひび割れ
・くぎ打ち穴より水が浸透し凍結して膨張するひび割れ

上記等の原因に加えて地震などでも影響を受けます。
外壁の種類によりひび割れが発生する理由は様々ですが、放置していると建物が損害をうけます。

ヘアークラック
ヘアークラックの流れ
ヘアークラックとは髪の毛程度のひび割れで、
モルタルの表層部のみの割れで、深部までに達していないので
コーキング材をクラック表面のみに刷り込んで処理を行います。

クラック・ひび割れ
クラック・ひび割れの流れ
0.5mm以上のひび割れの場合は「Vカットシーリング法」にて対処します。
通常の方法で処理してしまうと、2〜3年後に不具合が生じてきます。

欠損・爆裂(外壁やコンクリートなど)

外壁における破損については、主に外部より硬いものがぶつかる等の衝撃による破損や凍結による割れからの破損などがあります。
外壁がコンクリートの場合、コンクリート内部で局所的に膨張する現象が起こり爆裂(割れ)します。
爆裂する原因は2種類あり、

コンクリート内の鉄筋が酸素や水と結合すると体積が増加し膨張して腐食による爆裂
コンクリートの骨材が水分を吸い体積が増加し膨張して爆裂するアルカリ骨材反応による爆裂

ひび割れ同様に放置していると建物が大きな損害を受けます。

爆裂
爆裂の流れ

欠損
欠損の流れ

チョーク現象・色褪せ(外壁や屋根など)

このチョーク現象とは、壁をさわったら白い粉が付いた事ありませんか?
この白いチョークの粉が付くような事を言います。
このチョーク現象は壁を撫でるだけで解りますので、外壁塗装時期の一つの時期の目安となります。
チョーク現象は外壁塗装の劣化により起こされており、塗料の防水効果が薄れてきたと言うサインになります。
防水効果が薄れてきている状態を放置しておくと、外壁自体に水や湿気が侵入し建物を傷めてしまいます。
外壁塗装の劣化段階は、まず塗装自体にツヤ無くなり次に色褪せなど色味が変わってくすんだ印象になります。
そしてチョーク現象→ひび割れ→剥がれと進行していきます。チョーク現象までの状態で外壁は塗替えをして頂く事がお勧めします。


外壁の塗膜劣化は【色褪せ】→【チョーク現象】→【剥がれ】と進行していくので
【チョーク現象】時に塗替えをおすすめします!

チョーク現象には徹底的に高圧洗浄で洗い流します。
高圧洗浄中は水が白く濁っています。
塗膜の剥がれがある場合には、高圧洗浄前にきれいにケレン作業を行います。

シーリング劣化(外壁や目地など)

建物の継ぎ目には必ずシーリングがされていますが、そもそもシーリングの役割はご存知でしょうか?
シーリングは目立たないですが、重要な役割があります。
建物継ぎ目から水漏れや隙間風などを防ぐ役割があり、また建物の目地が、気温・湿度や振動などの影響で伸縮し、
外壁材がお互いにぶつかるのを防ぐクッションのような役割があります。
シーリングの劣化状況は専門家でなくとも目で確認する事が出来ます。
外壁からの漏水の原因は、大きく二つに分けると「外壁のひび割れ」と「シーリングの破断(剥離含む)」になります。
シーリングがひび割れや破断する原因としては、日光や温度変化、大気汚染物質などにより徐々に経年劣化が進行していき、
劣化が進行すると破断・剥離し雨水が入りやすくなります。
外壁塗装と同時にシーリング打ち増しや打ち替えを行う方が多いですが、
本来のメンテナンス時期としては外壁よりも早めの5年ぐらいの周期で打ち替え工事を行いたいところです。

破断・ひび割れ
破断・ひび割れの流れ

ひび割れ・やせ
ひび割れ・やせの流れ

シーリングは基本的に打ち替えしていただくのが一番です。
もちろん増し打ちだけでも十分対応することが可能な場合も多々ありますが、
外壁塗膜と比較すると劣化の進行具合が早くなります。

壁の膨らみ・剥がれ

外壁で水膨れの様にプクプクと膨らんでいる事がありますが、
このような劣化状況の場合あとは簡単に剥がれやすくなってしまいます。
この外壁の膨らみですが、原因はいくつかあります。
外壁自体に雨水が侵入し、その水分が蒸発し気体となって体積を増加させて、内部で膨らみを作ったという場合。
また他には、外壁の汚れ落とし(高圧洗浄)や下地塗装が不十分だった場合も膨らみは発生します。
乾燥がしっかりされていない状態で外壁塗装を行うと膨れが発生する可能性が高いです。

壁の膨らみ・剥がれの流れ

屋根劣化について

屋根は普段ほとんど目にする事が無いので劣化状況に気付きにくい場所ですが、
厳しい環境で建物を雨風や日光から家を守っていますので外壁以上に劣化が進行している場合があります。
特に夏場の屋根は大変高温になり過酷な状況になるので、しっかりとメンテナンスを行い長持ちさせましょう。
カビ・コケ・藻は10年以上メンテナンスしていないと発生している事が多く、特に日当たりが悪い部分に見受けられます。
長期間放置していると他の場所より水分を多く含んでいる時間が長くなり塗装が劣化していき、雨水の吸収と蒸発を繰り返され、
加えて直射日光により熱等の影響を受けると反り返りの原因になる場合があります。
また、10年周期でメンテナンスを行っている屋根と比較して20年目で初めてメンテナンスを行う屋根では、
歩いただけでも割れてしまうなど脆くなってしまいます。
その様な劣化状況になってしまいますと屋根の葺き替えを行う必要が出てきますので工事費用として100万円を超えますので、
屋根塗装でコストを抑えながら10年周期でメンテナンスを行う事を推奨しています。

サビ(屋根)
サビ(屋根)の流れ

カビ・コケ・藻
カビ・コケ・藻の流れ

防水塗膜の剥がれ・モルタルのひび割れ(屋上やベランダ)

防水塗膜の劣化原因として紫外線などの影響により経年劣化がありますが、
施工時の天候や下地の状態が仕上がりと耐久性に大きく左右されます。
防水塗膜の劣化を長期間放置していると内部に水が浸透していき漏水原因となり建物自体を劣化させます。
漏水となった場合は漏水箇所を特定する事は非常に難しく補修自体も困難になり工事コストが非常に高額になります。


防水塗膜の剥がれ・モルタルのひび割れ(屋上やベランダ)の流れ

防水塗装では特に下地処理が大切な工程となります。
下地処理をしっかり丁寧にすることで、3年、5年と持ちが全く違ってきます。
しっかりとした処理を行っていないと、1年〜2年で不具合が生じてきます。

鉄部の腐食

鉄・鋼は強度・剛性・加工性に優れており広く用いられていますが、欠点が錆びやすいという点があります。鉄部の錆原因としては、新築時に鉄部の防錆処理にあまりコストを掛けていないという点、補修せずに長期間放置した事による錆等があります。鉄は自然状態の中では誰もが必ず錆びることを認識していますが、適切な時期に補修する事を怠ってしまうと腐食が進行し剥がれ落ちる状態になってしまいますので、建物メンテナンスとして防錆処理として塗装を行うことが大切です。鉄部が錆びにより崩落している状態となってしまうと補修工事が非常に割高となりますので、長期間放置せずしっかりと補修を行う必要があります。


鉄部の腐食の流れ